「展示即売会で、頑張って売りました。は正解なのか?」

この前、ある商業施設に呼ばれて急遽準備して、展示即売会したんですよ。

 

で、4日間でなんとか1台30万円する商品を売る事が出来て

 

担当者にも喜んで頂き、ぜひ次回も来てください

 

と言われました。

 

これ、どーう思いますか?

 

一台売れたし、担当者も喜んでくれたし

 

良さそうですよね。

 

まだまだ知名度が低いメーカーさんですと

 

やっぱり商業施設で売れるのは

 

本当に嬉しいし、この機会を最大限に活かしたいですよね。

 

でも、これ、あまり良くありません。

 

なぜだと思いますか?

 

まずそもそも大前提に価値をきちんと伝えなければいけませんね。

 

たぶん、一台売れているので、ある程度のレベルで出来ているのでしょう。

 

そして、購入につながる顧客層もいた。

 

たった、4日で、30万円の商品を買うのですから、マッチングは、悪くなさそうです。

 

で、ここから、が違いを分けるポイントです。

 

刈り取り志向

 

 

育成志向

 

かです。

 

ピンときますか。

 

刈り取り志向というのは、

 

決められた期間で、なんとか販売をがんばろー

 

と言うものです。

 

クロージングトークまっしぐらですね🎵

 

そこにいるお客さん全員になりふりかまわず売って行く。

 

商品に対するイメージ伝わりますか?

 

いいブランドイメージ構築出来そうでしょうか?

 

では、育成志向はというと。

 

まずお客さんの話しを聞く。

 

ニーズを探る

 

うちの商品との接点を作る

 

興味を持たせる

 

で、連絡先を聞く

 

です。

 

どうでしょう。

 

どっちが、お客さんに良いイメージ持たせられそうでしょうか。

 

育成志向ですよね。

 

でも、これじゃあ売上上がらないじゃないか!

 

はい、わたくしもそれでよく怒られました(笑)

 

そこで、最後の連絡先を聞く

 

がポイントになってきます。

 

例えば、4日間で100人とか1000人とかの連絡先が手に入ったら、どーでしょ。

 

ましてや、最低30万円の商品です。

 

その場で、普通はなかなか即決できないですよね。

 

なので、ココからが腕の見せ所

 

しっかり連絡先を聞いたお客さんに商品の良さをアピールして行くと、、、

 

あとは、勝手に売れていきます(笑)

 

本当に勝手に🎵

 

4日間で仮に一台しか売れなくても

 

その後、どんどん売れていきます。

 

みんな本当に売り急ぎすぎです!

 

初対面の方にイキナリ結婚してくれ

 

とプロポーズを申し込むようなもんです。

 

ちゃんと良さをわかってもらってから

 

買ってもらいましょう。

 

その方がクレームもないし

 

お客さんが勝手にクチコミして

 

新しいお客さんを紹介してくれます。

 

売り急ぎは厳禁です。

 

ぜひ育成志向でいきたいものです。

 

では、また。

1.基本情報

ストーリー戦略家

慶応義塾大学大学院(MBA

マーケティング学会員

1976年宮城県生まれ東京在住

 

2.仕事概要

売上伸び悩みの会社を、オンリーワンへ変革させることによって、

幸せな経営に変える専門家


所在地〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目3番3号 G1ビル7階