「5期連続赤字から復活するのか」

三越伊勢丹ホールディングスは、

 

高級食品スーパー「クイーンズ伊勢丹」などを展開する

 

三越伊勢丹フードサービス(東京都中央区、IMFS)の株式の66%を

 

三菱グループ系の投資ファンド「丸の内キャピタル」に売却すると発表した。

 

三越伊勢丹フードサービスは不振が続いており、ファンドの下で早期の再建を図る。

 

高い汚い食品スーパーから脱却できるのか?

 

楽しみです。

 

最近、食品スーパーの好業績が相次いでいるので、

 

市場環境は厳しいですが、直近では悲観するほどではない。

 

 

更に、都心への立地しかないし、クイーンズ伊勢丹の看板も残す、となると、

 

やりようはいくつもある。

 

まずは、出血の根本原因を突き止める

 

そして、赤字を止血する。

 

ここまでは、そんなにかからないだろう。

 

しかし、ここからが、大変である。

 

スーパーとしての営業力が競合と戦える水準までもっていけるか。

 

更にいままで、手をつけられなかったところまで、立て直せるか。

 

楽しみである。

 

ダイエーはまだ復活道半ばであるが、

 

成城石井は復活した。

 

食品スーパーでやれる事はまだまだある。

 

では、また。

1.基本情報

ストーリー戦略家

慶応義塾大学大学院(MBA

マーケティング学会員

1976年宮城県生まれ東京在住

 

2.仕事概要

売上伸び悩みの会社を、オンリーワンへ変革させることによって、

幸せな経営に変える専門家


所在地〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目3番3号 G1ビル7階