「提案型売り場って採算取れるの?」

あなたは、どう思いますか?

 

提案型売り場

 

なんとなく、提案型の方がいいんじゃない

 

って話しは耳にした事あると思います。

 

しかし、今まで店舗で、バリバリ物販をやって来た人からすると、

 

提案型、本当に儲かるの?

 

って話しですよね!

 

いまある、物販スペースを、削らないとだし

 

売り場も管理しにくいし、

 

縦割り型の品揃えで接客慣れてるし。

 

どーなんでしょうか!

 

結論は

 

短期的には売上落ちますが、

 

長期的には、上回ります。

 

残念ながら、提案型へ変えた直後は

 

売上落ちます。

 

なぜなら、店舗もうまく提案型を表現できないし

 

お客さんも提案型に慣れていないんで、

 

お互い戸惑っている状態です。

 

やってみるとわかりますが、コレ本当です。

 

ここを踏ん張れない経営者の方が多いですね。

 

なんか提案型いいって聞いたけど

 

結局、売上落ちたし。

 

やっぱり元に戻そう。

 

って事です。

 

ああ〜

 

もったいない。

 

で、元に戻したけど、売上は回復しましたが、

 

やっぱり売上水準は、低いまま。

 

なんのためにやったんですかね!

 

これでは、部下や、店舗の担当者が疲れるだけだで、かわいそうです。

 

間違いなく、モノを部品のように売っていくお店は今後厳しくなります。

 

その売り方は、アマゾンを始めとするオンラインショップが得意な分野ですよね。

 

リアル店舗ならではの価値を見出さない限りは、赤字を脱却できません。

 

そこを経営者として、どう判断するか。

 

器が問われますね!

 

ですので、提案型店舗をやる場合は、

 

事前準備が物凄く大事です。

 

いわゆる、仕込みです。

 

コレを怠ると、いつまでも売上は低空飛行です。

 

覚悟を持って、万全の準備で臨みたいものです。

 

では、また。

1.基本情報

ストーリー戦略家

慶応義塾大学大学院(MBA

マーケティング学会員

1976年宮城県生まれ東京在住

 

2.仕事概要

売上伸び悩みの会社を、オンリーワンへ変革させることによって、

幸せな経営に変える専門家


所在地〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目3番3号 G1ビル7階