「手を組むと売上200%アップ」

お店の役割って、なんでしょうか?

 

いま、ただ安いだけのお店は今後難しくなります。

 

お店が積極的な情報開示をする事によって、売上200%アップの価値が作れます。

 

データ分析会を開いて、

 

朝食切り口では、野菜ジュースとシリアルの併買率が高いと分かったり

 

介護切り口では、介護おむつと介護食の併買率が高いと分かり

 

それに対する施策が打てます!

 

家庭で本当に気持ちの良いデザインを追求して、

 

暮らしに馴染むデザインパッケージで売上が伸びたり。

 

お店が少し情報開示をするだけで、売上200%アップは作れます。

 

これからのお店には、情報開示して巻き込むチカラが必要ですね!

 

では、また。

1.基本情報

マーケティング戦略専門家

慶応義塾大学大学院(MBA

マーケティング学会員

1976年宮城県生まれ東京在住

 

2.仕事概要

顧客視点に基づいた価値創造を行い、会社をオンリーワンへ変革させることによって、 組織全体をマーケティング経営に変える専門家


〒104-0061 東京都中央区銀座一丁目22番11号 銀座大竹ビジデンス2階