「次世代型コンビニのヒミツ」

セブンイレブンが大きな進化しているのをご存知ですか?

 

というこで、行ってきました。

 

まず、駐車場が広いです。

 

郊外型の最新フォーマットである事がわかりますね!

 

従来型に比べ、面積を3割強広げた新型店を開く。

 

冷凍食品や日用品を増やし、標準店より1割強多い約3300品目の商品を並べる。

 

次に、店内ですが、主な変更点は二つ。

 

日用品と冷凍食品の充実です。

 

日用品は入口すぐ近くに、トイレットペーパーなどが1番目立つ位置にあります。

 

冷凍食品は、大型の冷凍ケースでわざわざ倍近くスペースを取っています。

 

まいばすけっと、マルエツプチなどミニスーパーを意識した品揃えですね!

 

店内の棚は低く、女性客でも一目で見渡せるレイアウトです。

 

商品棚の高さは1メートル35センチと従来より約1割低くし、店内を見渡しやすくしてある。

 

通路も広く、お年寄りのカートでもすれ違えるスペースがあります。

 

圧倒的に大きな違いはレジカウンターの位置です!

 

入って、奥の正面にございます。

 

そして、ムダに広いです(笑)

 

レジ横商材のコーヒー、ホットデリカが売上伸ばしているため

 

ココはまだまだ上手く使えそうです。

 

これらの進化は客層の変化と、競争力強化のためですね。

 

以前のコンビニ利用するお客様は、

 

20-30代、特に男性がメインでしたが

 

現在は5割以上が40代以上と大きく変わってきています。

 

更に、業界で好調なミニスーパー、ドラッグストアを意識したモデルですね。

 

ミニスーパーからは一定数のお客様を取れるかと思います。

 

しかし、ドラッグストアからは今回のケースですと、なかなか難しそうですね。

 

本当は、このモデルは、医薬品と生鮮品も取り扱いしたいだろうな〜

 

まだまだ開発中のレイアウトですね。

 

いろいろ手を加えられそう!

 

とりあえずすぐ直した方が良いのは、入口からレジへ続く通路。

 

ここに日用品並んでいますが、目に入りますかね?

 

あ、そういえば家になかった!の購買がどの程度発生するか?

 

それよりは、何回もお客様が通るゴールデンルートなので、

 

お菓子とかの衝動買いが向いてる気がします。

 

今後は、1900店舗への導入が検討されている新型レイアウト。

 

今後の発展に期待ですね!

 

では、また

1.基本情報

ストーリー戦略家

慶応義塾大学大学院(MBA

マーケティング学会員

1976年宮城県生まれ東京在住

 

2.仕事概要

売上伸び悩みの会社を、オンリーワンへ変革させることによって、

幸せな経営に変える専門家


所在地〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目3番3号 G1ビル7階