「通販は百貨店の2倍価値があるのか?」

アパレル通販のzozotown(ゾゾタウン)の

 

時価総額が1兆円を突破

 

対して

 

百貨店最大手の三越伊勢丹は4480億円

 

と半分以下

 

売上高では

 

ゾゾタウン763億円

 

三越伊勢丹1兆2534億円

 

と16倍のひらきがあるのに。

 

この差は、稼ぐ力である。

 

ゾゾタウンの営業利益率は、12.4%

 

三越伊勢丹の営業利益率は、1.9%

 

なんと稼ぐ力は、ゾゾタウンが6.5倍も上回る

 

ビジネスモデルは、どちらもほぼ一緒の

 

消化仕入れ方式

 

アパレルメーカー各社から在庫を預かり

 

 

売れた分だけ仕入にする方式

 

今後はフリマアプリのメルカリや

 

買取のブランディアなどが伸びているし

 

百貨店ドル箱のアパレルはますます厳しいだろう。

 

百貨店は、本気で売っているのか?

 

昨日も立ち寄りましたが、

 

店員さん同士で、談笑

 

他店へ電話している。

 

たまたまかもしれませんが、

 

それで売上作れますかね?

 

せっかく一等地にお店を構えているのに

 

ぜんぜん良さが活かされていない。

 

もったいなさ過ぎである。

 

百貨店の復活を期待しています。

 

では、また。

1.基本情報

マーケシフト合同会社

代表執行役CEO

CMOパートナーズ

 

 

2.仕事概要

顧客視点に基づいた価値創造を行い、会社をオンリーワンへ変革させることによって、 組織全体をマーケティング経営に変える専門家

 

3.経歴

マーケティング戦略専門家

慶応義塾大学大学院(MBA

マーケティング学会員

商業学会員

 

1976年宮城県生まれ東京在住


〒104-0061 東京都中央区銀座一丁目22番11号 銀座大竹ビジデンス2階