「GDP4%増って、実感ある?」

内閣府が14日発表した4~6月期の実質国内総生産(GDP)が

 

年率4.0%増と大きく伸びたのは、

 

GDPの約6割を占める個人消費が好調だったことが大きい。

 

ただ、政府や市場は消費の一部に弱さが残るとみる。

 

外需の下触れリスクが高まる中、経済の成長軌道を維持するには、

 

賃上げなどを通じ、内需の柱である個人消費の回復を確実にする必要がある。

 

ざっくり言うと、個人消費が堅調なため、GDP良かったってことらしい。

 

じゃ、我々の生活に近い日常使いのスーパー売上は、どうなんでしょう?

 

4月102.3%

 

5月 100.4%

 

6月 100.6%

 

いずれも対前年比を超えていますね。

 

7月は、急な気温上昇、豪雨などもあったが、どうなるのか。

 

実感を持つ経済効果は、全体を見てもわからないな

 

(数字的には凄く良いんですけどね)

 

というのが、正直な印象

 

これからは、やはり個の時代

 

個がそれぞれ引っ張っていく事になりそうですね。

 

さあ、あなたが輝くために何をしますか?

 

では、また。

1.基本情報

ストーリー戦略家

慶応義塾大学大学院(MBA

マーケティング学会員

1976年宮城県生まれ東京在住

 

2.仕事概要

売上伸び悩みの会社を、オンリーワンへ変革させることによって、

幸せな経営に変える専門家


所在地〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目3番3号 G1ビル7階