「守るコンビニ、攻めるドラッグ」

あなたは、どちらの店舗をよく利用しますか?

 

もちろんコンビニですよね!

 

でも今後は、それが変わるかもしれません!

 

ドラッグストアのコンビニ化が進んでいるからです。

 

ドラッグストアの優位点として

 

✔️高齢化社会を迎え、ますますドラッグストアのニーズは、勝手に高まります。

 

✔️医薬品や化粧品などは一般的に利益率が高い。コンビニでこれらを買う人は少なく、ドラッグストアの稼ぎ頭になっている。

 

✔️高収益商品がある事でトイレットペーパーや洗剤などを安売りすることが出来、集客に利用して高収益商品へ誘導しています。

 

現在の情勢は、

 

コンビニ5万店10兆円に対し、ドラッグストアは2万店6.5兆円に達し、勢いはドラッグストア側にありますね。(調剤も入れると➕5兆円ほど)

 

まだまだ、ドラッグストアの食品オペレーションは貧弱ですが、これからは間違いなく脅威です。

 

どっちが、覇権を握るか楽しみです。

 

そして、切磋琢磨して頂き消費者メリットが増えたら嬉しいですね。

 

では、また。

1.基本情報

ストーリー戦略家

慶応義塾大学大学院(MBA

マーケティング学会員

1976年宮城県生まれ東京在住

 

2.仕事概要

売上伸び悩みの会社を、オンリーワンへ変革させることによって、

幸せな経営に変える専門家


所在地〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目3番3号 G1ビル7階