「30万円ウォークマン」

ソニーらしい、振り切った商品出してきました。

 

どうなんでしょう?

 

30万円を感じられるのか!!!

 

ということで、現地調査です。

 

とある電気店のオーディーコーナーへ

 

そしたら、

 

デン

 

と置いてあります。

 

30万円ウォークマン

 

鍵付きのアクリルボックスの中に。

 

どんだけ厳重なんでしょう。

 

これはちょっとしたブランド品扱いですね。

 

なんと素材が銅と金メッキなんで高いみたいです。

 

更に、

 

海外では、

 

韓国iRiver 54万円

 

もあるらしい。

 

したがって、ソニーも満を持して、、、

 

といったところか。

 

で、試聴できます!

 

とのことだったので、

 

隣りにある専用ヘッドフォン?

 

で聞いてみました。

 

曲は、

 

change the world

 

ウォークマンの世界も変わったのか???

 

と体感してみました。

 

、、、、

 

すいません、私には音の良さがイマイチわかりません。

 

どなたか、詳しい方、ぜひ体験をお願いします。

 

マーケティグ的には、

 

高価格帯の商品を作るのは、良いですね。

 

トップブランドと認識されやすいです。

 

そうすることによって、メディアに取り上げられ

 

更に、モデルが売れるという仕掛けですね。

 

ただし、気をつけなくてはいけないのが、

 

きちんとボリュームゾーンの商品を売る戦略も合わせて考える必要があります。

 

商品の売上は、ボリュームゾーンの数に比例する場合が多いので。

 

いつのまにか、価格を全部上に持っていって、

 

ボリュームゾーンがガラ空きになり、

 

競合に持っていかれる、、、

 

なんてないことを祈ります。

 

それにしても、久々に振り切った商品を出してきましたね、ソニーさん。

 

次回もワクワク商品楽しみにしてます。

 

では、また

1.基本情報

マーケティング戦略専門家

慶応義塾大学大学院(MBA

マーケティング学会員

1976年宮城県生まれ東京在住

 

2.仕事概要

顧客視点に基づいた価値創造を行い、会社をオンリーワンへ変革させることによって、 組織全体をマーケティング経営に変える専門家


〒104-0061 東京都中央区銀座一丁目22番11号 銀座大竹ビジデンス2階