「これからの小売業のゆくえ イオン10兆円のインパクト」

日本の小売業が抱える悩みが全て入った経営計画でした。

 

ということで、

 

イオンの中期経営計画が発表されました。

 

イオンは8.2兆円という

 

日本の小売業ナンバーワンの売上

 

で更にあらゆる業態を持っているので、

 

これからの小売業動向を見据えるには

 

最適な会社ですね!

 

まず目標数値ですが、2020年までに

 

①営業収益(売上)目標

10兆円

 

(8.2兆円)2017/2月期

 

+1.8兆円

 

なるほど〜、どうやって売上伸ばすのでしょうか!!

 

②営業利益目標

3400億円

 

(1850億円)2017/2月期

 

+1550億円

 

現在の水準からすると、やく倍にするとの事

 

これはかなりチャレンジな数値ですね!

 

じゃ実際どうするのか??

 

どこで稼ぐの?売上編

 

10兆円プラン第一弾

 

ディスカウントストア 業態ザビック

現在4000億円→1兆円

 

+6000億円

 

ディスカウントストアの再編をおっしゃっておりましたが、果たして再編はどうするのでしょうか?

 

ドン・キホーテの名前が上がってましたが、

 

ドンキホーテHDの2017年6月期の連結売上高は8287億9800万円(前年比同期比9.1%増)

 

と絶好調です!

 

このレベルの業態を開発するとなると、またどっか買うのか??

 

短期で一気に売上2.5倍にする方法があれば知りたいですね。

 

10兆円プラン第二弾

 

決算書から計算すると、

 

デジタル オンライン売上

 

現在は、

8.2兆円✖︎0.7%=574億円

 

2020年は、

10兆円✖︎12%=1兆2000億円

 

+1兆1426億円

 

えーと、これ計算あってますでしょうか?

 

やく20倍です!!

 

アマゾンジャパン

2016年度の年間売り上げは1兆1,747億円

 

ちなみに、楽天は売上7800億円

 

中小のマーケットプレイスをかき集めても、この数値どうなんでしょうか。

 

どこで儲けるの?

 

営業利益編

 

アジアシフト 国際事業の利益アップ

 

3400億円✖︎23%=782億円

 

国際事業は、-52億円の赤字

 

ちなみにセブンイレブンの北米事業をメインとした7-Eleven, Inc. SEI

674億円 営業利益

 

無印良品の海外事業は、

157億円 営業利益

 

んー、こちらもチャレンジですね!

 

現状の積み上げでも、気前の良い数値でもない、現実路線期待しております。

 

では、また。

1.基本情報

ストーリー戦略家

慶応義塾大学大学院(MBA

マーケティング学会員

1976年宮城県生まれ東京在住

 

2.仕事概要

売上伸び悩みの会社を、オンリーワンへ変革させることによって、

幸せな経営に変える専門家


所在地〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目3番3号 G1ビル7階