羽生結弦 金メダル2連覇 強さのヒミツ

羽生選手が期待されて2連覇の金メダルを獲得しました。

 

3ヶ月以上実戦から離れて、ぶっつけ本番で臨んだオリンピック

 

重圧は相当なものがあったと思います。

 

しかし、そんな大舞台でなぜ結果を出せるのか

 

それは、このインタビューの一コマから感じられます。

 

僕はオリンピックを知ってますし

 

「元オリンピックチャンピオンなんで、やっぱりリベンジしたい」

 

オリンピックチャンピオンって言った後

 

リベンジしたいっておかしいですけど

 

自分にとっては(ソチ五輪の)フリーのミスがやはり

 

ここまで4年間頑張って強くなった1つの原因だと思っているので

 

また明日に向けてリベンジしたいなという気持ちがとにかく強いです

 

このコメント

 

いかがですか。

 

「元オリンピックチャンピオンなんで、やっぱりリベンジしたい」

 

4年前のソチオリンピックで金メダルを獲得したが、フリーでミスを重ね

 

ミックスゾーンで負けましたと口にした羽生選手

 

ご自身で納得の行く演技が表現できなかった事を悔やむ発言

 

しかしライバルの選手もミスしてしまい、結果取れてしまった金メダル

 

自分の納得行く演技が出来なかったが、獲得した金メダル

 

そんな思いがあったのかもしれませんね

 

それを4年間も引きずって、ぶっつけ本番で臨んだ平昌オリンピック

 

どれだけのプレッシャーと思いがあった事でしょう。

 

結果だけにとらわれる事なく、自分の納得の行く演技にこだわる姿勢

 

ぜひ自分も教訓にしたいです。

 

では、また。

1.基本情報

マーケティング戦略専門家

慶応義塾大学大学院(MBA

マーケティング学会員

商業学会員

1976年宮城県生まれ東京在住

 

2.仕事概要

顧客視点に基づいた価値創造を行い、会社をオンリーワンへ変革させることによって、 組織全体をマーケティング経営に変える専門家


〒104-0061 東京都中央区銀座一丁目22番11号 銀座大竹ビジデンス2階