なんで無印に食品? 行ってきました、無印良品銀座店さん

なんで無印に食品?

行ってきました、無印良品銀座店さん。
やっぱり混んでますね!

各売り場ですが、VMDにチカラ入ってますね。
世界観を伝えようとしているのがわかります。

各売り場はさすがの出来ですが、今回は食品へフォーカス。

で、ざっと見た感じだと、

誰向けの、どんな商品置いてあるのか、ちょっとうまく伝わらない感じですかね。

お弁当も、ナチュラルローソンっぽい感じですが、

そーすると、売る量は、

ナチュラルローソンより
無印は値段が高くなる
売りにくい、、、

1100円のイチゴパックって、本当に売れるのか?

良いものだったら、なんでも売れるというものではない。

ここに行くと、何が手に入るのか、が伝わってこない感じがしました。

MUJIカフェみたいなタイプの方が良い気がしますね。

ジューススタンドは凄い行列が。
もちろんデリのレストランも。

パンの作りたては良いと思う。

スーパー業界でもインストアベーカリーも好評だし、無印良品のイメージに近いものができると思う。

加工品を売るのはアリな気がするが、素材(野菜、魚)などを売るのは、まだまだアレンジが必要だと思われる。

無印良品のブランドイメージとして考えられると、整えられて、スタイリッシュな食品なの?

それって、食べたい?美味しいのか?疑問な気がします。食品スーパーみたいなお店と無印のイメージが遠すぎる気がする。

百貨店の食品売り場?
成城石井?
それとも、千疋屋さんみたいな感じ?

もっと進化する余地がありそうです。

来ているお客さんを見ると、
1.無印良品好きな方
2.外国人
3.近くで働いている人

と言った感じ。

どのお客さん向けにするのかでも、方向性違う気がします。

せっかくの無印良品の食品本格参入。
新しい価値の提案を期待してしまいます。
あ、無印良品だからこそのハードルかもですね。

では、また。

1.基本情報

ストーリー戦略家

慶応義塾大学大学院(MBA

マーケティング学会員

1976年宮城県生まれ東京在住

 

2.仕事概要

売上伸び悩みの会社を、オンリーワンへ変革させることによって、

幸せな経営に変える専門家


所在地〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目3番3号 G1ビル7階