ネットスーパー使ってますか?

わたしは以前足を骨折して家から出れない時にお世話になってました。

で研究のために、最近話題のアマゾンフレッシュ使ってみました。

ざっくり感想としては、以下2つ

1.まず検索のUXが行けてないなーと。

食品って、ほぼ非計画購買ですよねー
(スーパーでは非計画購買が70-80%あると言われてます。メモを握りしめてそれしか買わないって人はあまり見かけないですよね)
それとアマゾンがマッチングしない感じです。

スーパー入って、絶対これ買う!
って人はほとんどいないので。
なんとなく、ふらふらー入って、良さそうなのないかなーとキョロキョロしながら、近づいて手に取りますよね。
それって、アマゾンでなかなか難しいなと。
野菜を買う場合でも、カテゴリー、野菜→葉物→レタス
みたいな感じです。
これ、レタス欲しいなーと思ってする行動じゃないと都合悪いですよね!

まあ、アマゾンでこの本を買う!
ですと、大変スムーズですが、
なんかいい本ないかなぁ〜、でふらふら探すだと、ランキングかリコメンドぐらいな感じで、リアルな書店のような出会いはないですよね、それに近いなと。

ふらっと出会う購買体験が必要なのか
それとも消費者が指定買いへ行動を変化するのかしないと、なかなか購入しづらそうです。

その他購入編で思った事は

そもそもこれ良さそう!が想像できない

その時の安いと買うって言う行動をする事がスーパーでは多いが、これはお買い得かどうかがわからない。ズバリの値段のみ。よくよく見ると若干相場より高いイメージ。

カスタマーレビューがイマイチ、悪い評価がのってる。せっかくのアマゾンのウリであるカスタマーレビューが活かされていない。そもそも少ないし、悪いレビューが目立つ。

カルディみたいなこだわりものがあってもいいのでは。アマゾン得意のロングテールが見られない。まだまだアマゾンフレッシュでの扱いが少なすぎる。なんなら普通の加工食品カテゴリーの方が豊富。普通のとアマゾンフレッシュは配送が別になるので、加工食品をアマゾンフレッシュへの扱いを増やすようにする必要がある。種類が少ないです。

刺身コーナーは、サーモン、かつお、マグロ、アジと言ったところ。これって鮮度どうなんだ、がわからないので、買うのに勇気がいる。そして120gと言っても実物では、どんぐらいかイメージしづらく、判断しにくい。そして一覧で見れない感じ、スクロールしないと、いけないのでメンドクサイ。スクロールをいちいちしないといけないので買いにくい、ちなみに楽天みたいな感じで、6個ぐらいみれた方が良い。いろいろ比較して買いやすいので。

で、頑張ってポチポチ買いましたがカートを見ると、2000円に届かず。

クーポンがあるらしく、注文ごとに1,000円が割引かれるクーポンを3回分(計3,000円分)プレゼント。ただし対象商品を4000円以上買わないと使えない。なので頑張って4000円分買ってみました。ここが一人当たり損益分岐点なのでしょうか。スーパーの平均客単価4000円ってなかなかハードル高いのですが。やっぱりまとめ買い狙いか。

他社のネットスーパーを調べたことありますが、いまの主流は、小商圏高頻度モデルらしいです。店舗を核として、その周りの方に、低単価で使って頂くとのこと。高域、高単価は、いまのタイミングでは難しいとの事。つまりリアル店舗の補完として、ネットスーパーがあるとの位置づけが、業界で成功していると言われているサンシモデルで、ヤオコーさんをはじめ各社が、徐々に取り入れてきています。ネット専業でスーパーをやる難しさがあるのでしょうか。もちろん財の特性もあるでしょうが。

ざっくり思ったのは、まだまだ手の入れようがあるなーと。Amazonさんの改善スピードはハンパないのでこれからの動向も要チェックですねー

では、また。

1.基本情報

ストーリー戦略家

慶応義塾大学大学院(MBA

マーケティング学会員

1976年宮城県生まれ東京在住

 

2.仕事概要

売上伸び悩みの会社を、オンリーワンへ変革させることによって、

幸せな経営に変える専門家


所在地〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目3番3号 G1ビル7階