経験的アプローチが最近盛り上がってますが、本当に有効なのか?

お客さんによっては、実利的な方もいるので、そんなに全員に効くわけではないのでは?かもしれないが、どーなんでしょ。

 

一般消費者416名に聞いてみた。

 

で、結果としては、やっぱり分類分け出来るよねという話し。

 

まあ、そりゃあそうですよね!

 

なので、経験に反応しやすい人としにくい人がいますよね。

 

でも、マスを狙いたい場合は、ライフスタイル提案が有効です。

 

なんでもかんでも経験的アプローチで押し切るのではなく、きちんとわけて使い分け出来そうなのが良いなと思います。

 

あとは、これらと、具体策をリンクさせたいなと思います。

 

この研究はオモシロイですね!

 

では、また。

1.基本情報

マーケティング戦略専門家

慶応義塾大学大学院(MBA

マーケティング学会員

1976年宮城県生まれ東京在住

 

2.仕事概要

顧客視点に基づいた価値創造を行い、会社をオンリーワンへ変革させることによって、 組織全体をマーケティング経営に変える専門家


〒104-0061 東京都中央区銀座一丁目22番11号 銀座大竹ビジデンス2階